DUBLIN ダブリン
●首都・ダブリンシティ/面積・922平方キロメートル(ダブリン県全体)/人口・市内495,000人・県全体1,100,000人(2002年調べ)●主なフェスティバル/セントパトリックデー(3月)/「ユリシーズ」ブルームスデイ(6月)/ダブリンジャズフェスティバル(7月)/オールアイルランドハーリング・ゲーリックフットボール決勝(9月)/ダブリンシアターフェスティバル(10月)など



リフィー川から攻めてきたバイキングが、ケルト人の村‘ダブ・リン’(黒い水たまり)を征服して築いた町ダブリン。アングロノルマンが進出して以降700年以上にわたり、アイルランドにおけるイギリス勢力の拠点であったこの町には、反英運動の活動家の記念碑や多くの戦いの痕跡をいたる所に見ることができる。重々しいタワーや城壁だけでなく、美しい街並みやダブリンを象徴する華やかなジョージ王朝建築の建物は英国の統治時代のものであるが、アイルランド人としてのアイデンティティーは失われることはなかった。そして反骨精神によって多くの著名な作家や文学作品がダブリンで生まれた。

アイルランド独立後、統治時代の建物は支配の象徴として傷むままに放置されていたが、苦難の歴史の上に今日のダブリンが築かれたことを誇りとして近年建物の保存に取り組み、20世紀の末には大規模な修復作業が進められた。木の砦の上に石の砦を積み重ね、さまざまな人々が現れては去り、長い歴史を歩んできたダブリンは、現在も発掘によって度々新しい発見があるという。そして21世紀、ケルティックタイガーと呼ばれた著しい経済成長をとげ、新しいダブリン文化をさらに飛躍させる時代を迎えた。


ダブリンの歴史
ダブリンの古代〜近代の歴史の概略です。
トラフィックインフォメーション
空港から市内へ。他、市バス・鉄道・タクシー・レンタカー・レンタサイクルなど交通に関する情報ページです。
ユースフルインフォメーション
ツーリストインフォメーションなど"使える情報"の一覧です。
観光ツアー一覧
ダブリン巡りのツアーを紹介しています。
ダブリンの見どころ
中心部を東西に流れるリフィー川を境に、ダブリンを北側と南側に区切って紹介しています。
南界隈/
ジョージ王朝建築エリア、テンプルバーエリア、 城壁で囲まれたエリア、ダブリン歴史エリア、グランドカナル周辺、ダブリン南郊外
北界隈/オコンネル通りとその界隈、ジョージ王朝建築エリア、ダブリン歴史エリア、ダブリン北郊外

※ガイドブックページの各地図はクリックしていただくと拡大図をご覧いただけます。地図の番号と文章中の番号を照らし合わせてご覧ください。
※見どころページは目次(ページ一覧)または(観光スポット一覧)を開いた状態でご覧いただくと、ご希望のページを検索しやすいです。
         
         
         
         
         






このページのトップに戻る


※「エールスクエア」のガイドブックページで使われている地図、テキスト、写真等の無断転載を固くお断り致します。
Copyright 2005 Globe Corporation. All rights reserved.