アイルランドの神話と妖精

アイルランド侵略の神話
はるか遠い昔、霧に姿を隠しエリンの地へやってきたのは、かしの木のように大きく、カモシカのように早く走り、魔法をあやつり、あらゆる技能に秀でた強力な神々の一族でした・・・。
アイルランド神話の神々
古代アイルランドを支配した神々、ダーナ神族、トゥアハ・デ・ダナーンとフォモール族の神々を一覧で紹介しています。
ティル・ナ・ノーグへ行ったオーシン
・・白馬は野や山を越え、波の上を越えて天空を駆けました。水の町や光の宮殿を超えやがて黄金や宝石で飾られた「常若の国」ティル・ナ・ノーグに着きました。
アイルランド人と妖精
陽気で親切、気前が良く、音楽とダンスとおしゃべりが大好きなアイルランドの妖精は、まるでアイルランド人の気質そのものです。アイルランドに今日も存在する妖精とはいったいどのような存在なのでしょう。
アイルランドの妖精一覧
海に住むメロー、靴修理のレプラコーン、死を予告するバンシー、怠け者のガンコナー・・・アイルランドに存在する妖精たちの特徴を一覧で紹介しています。
レプラコーンの黄金の宝
・・太陽が西の空に静かに沈もうとしていたころ、遂に少年は、レプラコーンがイバラの木の下を歩いているのを見つけました。
レプラコーンとたんぽぽ畑
・・ティックタックトゥー、ティックタックトゥー・・・低木の間からなにやらこおろぎのようなものがにぎやかに泣く声が聞こえ立ちどまりました。
プーカ
・・すると牡牛は羊のようにおとなしくなって、こう言いました。「今晩、月がのぼるころ水車小屋にきてみろ。きっといいことがあるぞ。」
イニスサークの伝説
・・もし妖精の音楽を聞いたり妖精の勧めるワインを飲んでしまうとその魔力にとりつかれ、やがてどこかに姿を消してしまうか、命をおとすと言い伝えられていました。



このページのトップに戻る
エールスクエアのホームページに戻る


Copyright 2005 Globe Corporation. All rights reserved.